レンタカーの当日予約関連情報

HOME初めてのレンタカー利用に必要なもの

最終更新日:2017/09/19

初めてのレンタカー利用に必要なもの

ハンドル

何事にも「初めて」を経験します。
そして初めてのことは、期待感や不安感で気持ちがいっぱいになるものです。
レンタカーを利用するケースでも、例外なく「初めて」があることは、言うまでもありません。
ここでは、そんな初めてレンタカーを利用するときに必要なものについて触れていきます。
最初に断っておきたいのは、何も難しいことはありませんし、分からなくても業者の方が丁寧に説明をしてくれるということ。
つまり、肩の力を抜いて、初めてのレンタカーを利用して頂ければ幸いです。

■運転をするためには必須の車の免許証
言うまでもなく、運転免許証が必要になります。
車を借りるわけですから、当然のことです。
さらに、レンタカーが急用で必要になったとき、たまたま免許を持っていなかった場合も、借りることはできません。
口約束で、免許を持っているときしか運転をしないといっても、土台無理な話です。
業者としては「信用できる人間」と判断したとしても、何かあってからでは遅いため、絶対に免許不携帯の場合は貸してくれません。
そもそも、免許不携帯の場合、借りた車をどうやって運ぶのか?という疑問が残ります。
例外として、「一旦家に帰って免許を持ってきてから取りに来る」というのであれば、とりあえず押さえておくことぐらいは可能ではあります。
とりあえずの予約といったケースになるため、業者としては何ら問題はないですから。
ともあれ、兎にも角にも、免許証は必ず所持していきましょう。

■借りるためのお金も当然必要
免許証同様、当然のことではありますが、レンタカーを利用するためにはお金が必要になります。
昨今は、前払い制が多いため予約したときに値段を確認しておいて用意をしておくだけです。
ちなみに、レンタカーを借りる契約した時間を超過した場合、追加料金を取られてしまいます。
返すときは、これも見越してお金を用意しておくとよいでしょう。
反対に、早く返却をした場合、返金があるのか?という疑問があるかもしれません。
残念ながら、返金はないため、計画的に借りることをオススメします。

■と、書くことがないぐらい簡単に借りることができる
さて、ここまでレンタカーを借りるために必要なもののお話をしましたが「当たり前のことばかりでは?」と感じたかもしれません。
それもそのはずで、それだけ簡単に借りることができてしまうからです。
手続きに関しても10分程度で終わるため直ぐに借りることできます。
(もちろん、受付が混み合っていたらもう少し時間は要してしまいますが)

一覧はこちら

レンタカーの当日予約ランキング

TOP