レンタカーの当日予約関連情報

HOMENOCについて

最終更新日:2017/09/19

NOCについて

複数の車

NOCという言葉を耳したことがありますか?
世の中には、多くの横文字や略称が溢れかえっていますが、このNOCも、その1つになります。
正直なところ、こういった英字の略語を見ただけで拒絶反応を示してしまう人は多いかと思います。
しかし、レンタカーを利用する以上、絶対に知っておきたいことなので、その拒否反応に打ち勝って、ぜひ一読して下さい。
IT関係のような専門用語が専門用語を呼ぶような自体にはなりませんので、ご安心下さい。
可能な限り噛み砕いて説明を致します。
ともあれ、レンタカーを当日、急用で利用するケースも想定して、ぜひ知識を身に付けて下さい。

■ノン・オペレーション・チャージと呼ばれるもの
NOCとは、ノン・オペレーション・チャージと呼ばれるものになります。
平たく言えば、レンタカーが商品としてお客さんに貸し出せなくなってしまったとき、このときの不利益をレンタカー会社に支払う制度になります。
例えば、1日5万円稼ぐことができるレンタカーがあったとします。
レンタカーを急用で借りたとき、事故を起こしてしまった。
修理をするまで、6日必要。
となると、1日5万円稼げていたため、レンタカー会社としては30万円の損失になってしまいます。
その損失分も、レンタカー利用料金以外で支払っていかないといけないわけです。
上記の例であれば30万円の支払いが追加で発生することになります。

■利用者としては加入しておきたい補償の1つ
先の文章を読んで「レンタカーって凄くリスクがあるサービス!」と感じてしまったかもしれません。
確かに、車を借りるわけですから、相応のリスクを背負ってしまうのは致し方がない部分にはなってしまいます。
そこで登場するのが、保険です。
レンタカーを借りる際に、このノン・オペレーション・チャージを補償してくれる保険というものを受付時に教えてくれます。
そして「加入をするか?」も聞かれると思うため、心配であれば加入をしておきましょう。
レンタカー業者によっては、強制的に加入させられる場合もあることも念頭に置いておいてください。

■細かいルールがあるためNOC補償サービス利用時はしっかりと理解すること
ちなみに、このNOCの保険ですが、補償を受けるためには、様々なルールをクリアしないといけません。
商品によってまちまちなので、詳しく記載はしませんが「え?これ補償外なの?」と驚いてしまうことも。
「加入をしたはよいけど、理解していなかったため、いざというときに補償外となってしまった」ということにもなり兼ねません。
しっかりと契約内容を理解をした上で加入をするようにしましょう。

一覧はこちら

レンタカーの当日予約ランキング

TOP